トップページ >  オルニチンサプリの選び方 >  オルニチンの含有量で比較

オルニチンの含有量でオルニチンサプリを比較ランキング


オルニチンサプリを購入するなら、できるだけ「含有量が多くてコスパが良い」ものを選びたいですよね。

値段が安いけど、含有量も少なかったら、コスパは悪いですよね。

効き目をよくするなら、過剰摂取にならない範囲で、できるだけ多く、安く摂取したいものです。

しじみ



そこで、

・1日の必要なオルニチンの「含有量」ってどのくらいなの?

・食品でどのくらい補えるの?食品とサプリじゃ「過剰摂取」にならないの?

・オルニチンの「含有量が多いオルニチンサプリ」のポイント


をわかりやすく、紹介します。

オルニチンの含有量が多い食品は?

オルニチンという成分は聞いたことがある人も最近では増えてきていると思いますが、サプリメントなどでも有名になってきています。

食品として含まれているものにはシジミがあり、その他にはだだ茶豆、ヒラメ、マグロ、チーズなどがあります。

特にシジミの含有量に関しては優れたものとなっており、アミノ酸であるオルニチンを効果的に摂取することが可能です。

このオルニチンですがアミノ酸の一種として肝臓のオルニチン回路に使われており、肝臓の解毒作用を発揮するためにオルニチンは必要となります。

このオルニチンは肝臓において二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを素早く分解したり、あるいは疲労回復の効果があるために会社員などに人気なのです。

1日の上限摂取量は日常の食事やサプリ程度では達しないレベルなので安心できます。含有量として含まれている食品は少ないために、 一番摂取しやすいシジミ汁などを日々の食生活に取り入れると健康向上に繋がります。

温かいシジミ汁は身体にも優しいので特におすすめです。

しじみのオルニチン含有量は?

近年肝機能をサポートする成分として知られているオルニチン。
オルニチンはアミノ酸の一種で、遊離アミノ酸遊離アミノ酸という種類になります。

タンパク質を構成しない特殊なアミノ酸で、オルニチンは肝機能サポートだけではなくはつらつとした毎日を過ごしたい人にオススメの成分です。

オルニチンを摂取するには食品かサプリメントなどが考えられますが、食品でオルニチンを多く含んでいるのは「しじみ」です。
しじみには約35個で10~15mg程度のオルニチンが含まれているといわれています。

他にもオルニチンを含んでいる食品はありますが、中でも断トツで含有量が多いのがしじみなのです。

健康のためにオルニチンを摂取したいけれどサプリメントは苦手...
このような人は、定期的にしじみを摂取するようにするといいでしょう。

35個くらいなら毎日食べることも可能ですからね。 ただ、継続にはやはりサプリメントのほうがオススメですよ。

オルニチンサプリの含有量は1日どのくらい?多いサプリと少ないサプリの含有量は?

オルニチンサプリといっても、オルニチンそのものの含有量はそれぞれ違っています。多いサプリだと、 「1日当たり1000ミリグラムを超える量のオルニチン」が含まれています。

一方、「少ないサプリだと100ミリグラム程度」というオルニチンサプリもあります。
厄介なのは、高価な商品ほど含まれているオルニチンが多いというわけではなく、 リーズナブルでありながら多くのオルニチンを摂取できるサプリがある一方で、 それなりの価格設定でありながら、肝心のオルニチンの含有量が少ないものもあるということです。

オルニチンの必要量は、厚生労働省によると、1日当たり800ミリグラム(必要量)だとされています。 しじみなら、実に「しじみを3000個も食べないと、1日のオルニチン必要量すら摂取できない」わけですね。
「オルニチンは、しじみではなく、サプリでとったほうがいい」とよくいわれるのは、このためです。

1日当たり1000ミリグラムくらいのオルニチンサプリは、仮に吸収率が悪くても、必要量を補える十分な量でということになります。
1日当たりのオルニチンの量が800ミリグラムとなっている商品もいくつかありますので、そうした商品を探して購入するのがおすすめだと言えそうです。

オルニチンの過剰摂取は大丈夫?

オルニチンは「遊離アミノ酸」というアミノ酸なので、 身体の中に蓄積されない成分です。

蓄積されない通常のアミノ酸なので、厚生労働省から上限推奨量が指定されているわけではありませんが、一般的に5000mgくらいが上限とされています。

このオルニチン1日の上限摂取量は、5000ミリグラム以上の量は、到底、日常の食事やサプリ程度では達しないレベルの量なので、過剰摂取は心配する必要はほとんどないです。

ただ、「1日10000mg以上」の摂取で、胃腸障害になる可能性があることが指摘されています。

10000mgといえば、しじみ3万個食べるのと同じですから、これは日常生活では異常な量です。

多くのオルニチンサプリは、1日500mg~1500mg程度の推奨量なので、 指定の粒数を守ってさえいれば、問題はありません。

オルニチンサプリのをオルニチンの含有量で比較ランキング

肝臓にいいオルニチンサプリは、しじみに多く含まれる有効成分のオルニチンの含有量もチェックしましょう。 サプリメントに含まれる摂取量は、過度に多いことはないので、できるかぎり多く含まれているサプリのほうがよいです。
しかしDHCやネイチャーメイドなどの市販品は含有量こそ多いですが、これらは配合成分の品質がよくないので効き目があまりよくありません。 オルニチンサプリを選ぶなら、市販メーカー以外で、含有量が多く品質のよいものを選びましょう。



含有量で選ぶなら、市販メーカー以外で、品質のよいものを選ぶ!

DHCやネイチャーメイドなどの市販品は含有量こそ多いですが、これらは配合成分の品質がよくないので効き目があまりよくありません。 オルニチンサプリを選ぶなら、市販メーカー以外で、含有量が多く品質のよいものを選ぶのが◎。


オルニチンサプリを「含有量(1日あたり)」でランキング!

1日 800mg
オルニパワーZnプラスは、しじみに含まれるオルニチン含有量800mgのサプリです。さらに、牡蠣の亜鉛12mg、アスタキサンチンも含まれているため、海のアミノ酸やミネラルを贅沢に摂取することができます。
価格もお手ごろで、含有量対費用では、コスパ最高のオルニチンサプリといえます。

1日 6粒800mg
アミノ酸の宝庫と呼ばれるしじみ300個分のオルニチンを一粒で摂取できる、サプリメントではなく自然食品です。オルニチンの品質もいいので、おすすめ!

黄金しじみ30個分+肝臓エキス300mg
普通のしじみの2~3倍の栄養素がつまった「黄金しじみ」に加えて、「肝臓エキス」を300mgも追加配合している肝臓対策サプリです。

オルニチンサプリで含有量で選ぶならコレ!

オルニチンサプリで1日あたりの含有量が一番多く含む市販品は含有量が多いけれど、効き目が薄いのが一般的な感想です。オルニチンサプリで含有量で選ぶなら、品質・価格・効き目まで考慮して、最高のコスパのオルニチンサプリを選びましょう。


オルニチンを上手にを選ぶ








-----------------------------------------------
更新日:2018/07/26