トップページ >  オルニチンの健康効果 >  オルニチンの効果と1日の摂取量

オルニチンって?効果・副作用・摂取量まとめ

オルニチンって何?

健康効果を考えて、大きく注目されているのはオルニチンです。 オルニチンはアミノ酸の1つの構成物質ですけれども、他のアミノ酸とは特徴や構造が少し違っていて、「遊離アミノ酸」といわれています。

「遊離アミノ酸」は流れる血液の中にあって体中をめぐっていきまして、体中の各器官や臓器が正常な働きをするのを助けてくれるものです。 オルニチンは、アルギニン、トリプトファンなどの成分と一緒になって、成長ホルモンの合成や分泌を正常に行う働きがあります。

オルニチンは腸で吸収された後に、体中に運ばれていきます。 特に重要な働きがあるのは、肝臓に運ばれたオルニチンです。 肝臓に運ばれたオルニチンは、「オルニチンサイクル」というアンモニアの代謝効果を高めていきますので、オルニチンを補給したら、お酒の害から肝臓を守ったり、二日酔いや悪酔いしない効果が得られるのです。

どのようにしたら、身体や肝臓に優しい作用のあるオルニチンを増やせるのでしょうか? 1番いい手軽にできる方法は食べ物から補給する方法ですが、現代人はみんな食生活が乱れていますから、毎日の食べ物からだけでは、十分なオルニチンの補給ができないでしょう。 そんな時には、「オルニチンサプリメント」から大事な栄養成分を補給したらいいですね。


オルニチンの効果・効能って?

オルニチンには1つではなくて、何十種類もの健康効果や美容効果があると報告されています。 例えば、オルニチンは体の細胞の活性化を促すので、「基礎代謝量」が上がります。

同じ活動や運動や生活を送っていても、日々の基礎代謝が盛んだったら、痩せやすくて太りにくい体にできるので、オルニチンをダイエットプログラムに取り込んでいったら、ダイエットに成功をして痩せやすい体を作ることができます。 オルニチンは成長ホルモンも分泌してくれますから、脂肪を燃焼しやすくして、さらに痩せやすい体質に改造できるのです。

オルニチンは運動効果を最大限に高められる効果から、トップアスリートが「燃焼系アミノ酸サプリメント」としてオルニチンを積極的にスポーツの前には、摂取しています。 オルニチンが肝臓に運ばれた時には、アルコールや有害物質の解毒効果を高めてくれますので、二日酔いや悪酔いにも効果を発揮してくれます。 その他の効果・効能では、体の防衛機能の免疫力を高めたり、風邪をひきにくくするなど、安全で快適で健康的な生活を送っていこうと思う時には、欠かすことができない働きを担ってくれるのがオルニチンといえます。

オルニチンの副作用

オルニチンは元々人体に存在しています。
なので、オルニチンは、副作用はないといわれています。

サプリメントでオルニチンを摂取する場合には、オルニチン以外のサプリメントを構成している成分をきちんと確認しておくのも大事です。

サプリメント専門店や多くの製薬会社がオルニチンを商品化しています。
今のところ、目立った副作用の報告やニュースはありません。多少多めに摂取してもオルニチンが体内に蓄積されるものではないので、体に害はないといえます。

オルニチンは体内の解毒サイクルで常に消費されています。
必要な摂取量分は、毎日摂取したほうがいいでしょう。


オルニチンの1日の摂取量

オルニチンの1日の摂取目安量は400mg~1000mg程度です。

オルニチンは食品には少ししか含まれません。オルニチンは、食事から1日の摂取目安量を補うのはもともと困難な成分なのです。
オルニチンを最も多く含むしじみを1食分たべても、オルニチン量は30mg程度でしかありません。

しじみをたべてオルニチンの摂取量を補うならしじみを2000個以上たべなければなりません。オルニチンの摂取は食品よりもサプリメントが向いている理由はここにあります。

オルニチンは、サプリメントで補うことで、効率よく、不足することなく摂取しましょう。


オルニチンが肝臓にいい理由

腸で吸収された栄養素は、様々な物質は血液に乗って肝臓に運ばれます。
肝臓では、分解されたり別の物質につくりかえられたりしています。

有害な物質を無害化する解毒するのが肝臓です。
肝臓は体内で作られるアンモニアを解毒しています。

アンモニアはタンパク質の分解によって出来ます。
私たちが1日に必要とするタンパク質の量は、体重1㎏当たり約1gといわれているので、分解される量は成人の場合、約250g以上です。

アンモニアは肝臓のオルニチンサイクルという代謝で分解され、尿素につくりかえられます。

ここで消費されるのがオルニチンなのです。
オルニチンはアンモニアの解毒を助ける役割と果たします。


オルニチンは二日酔い対策にいい


二日酔いになったらつらいので、何とかして早くすっきりしたいのです。 そこで、二日酔い対策に効果を発揮してくれるのはオルニチンです。 オルニチンは、二日酔い対策に高い効果があることが分かっています。

飲んだアルコール成分・お酒は肝臓に運ばれてきて、「アセトアルデヒド」という名前の物質に変化します。 「アセトアルデヒド」はアルデヒド酵素によって分解されて、有害ではない酢酸に変わって、おしっこになり、体外に排出される仕組みになっていますが、たくさんのお酒を飲んだ時には、「アセトアルデヒド」が分解しきれないで体の中に残ってしまうので、いつまでも気持ちの悪さが続いてしまいます。 これが、つらい二日酔いの仕組みです。

あなたがオルニチンを摂取したら、『オルニチンサイクル』の働きから、肝臓が「アセトアルデヒド」を分解する働きを高めてくれるのです。 アルコールの分解の速度も上がって、早く二日酔いから解放されますし、また肝臓を痛めないで、負担をかけないことができます。 肝臓はさまざまな毒素の分解作用を担っている「解毒工場」の臓器ですから、お酒・アルコールの分解にもオルニチンを効果的に使ったら、肝臓の働きが高められます。

オルニチンは疲労回復にいい

「体が疲れないように、早く疲労回復をしたい!」 と思う時には、キーワードになるのは、「肝臓疲労」という言葉です。

体が疲れた時には、筋肉や神経の疲労以外にも肝臓が酷使されていて、疲れている状態が考えられます。 肝臓はお酒や毒素などの解毒工場ですから、年中働いていて、疲れがたまりやすい臓器です。

肝臓は、「オルニチンサイクル」というアンモニア代謝を担っています。 アンモニアが体内にたくさんあったら、エネルギー産出の基になる「ATP」や「グルコース」ができなくなってしまうので、早くアンモニアを解毒して、体内にアンモニアを貯めないことが疲労回復効果を高めていくことにつながります。

「オルニチン」を摂取したら、あなたの肝臓の働きを根本的に高めて元気に働くようにしてくれますので、「ATP」や「グルコース」の生成も盛んに行われるようになっていきますので、体が疲れを感じにくく、1度たまった疲れが回復するリカバリー効果も高くなるのがオルニチンの効果・効能の中に含まれてくるのです。 あまり知られていない事実ですが、身体の疲労回復をして、エネルギー代謝を円滑にやっていく時にはオルニチンの働き必要になってきます。

オルニチンはダイエットにいい

様々なお悩みがあるでしょうが多くの方が悩むものには、うまくいかないダイエットがあげられます。 効果的にダイエットをするサポートになるのはオルニチンです。

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあるので、体の代謝活動を高めて脂肪の燃焼効果が高められます。 オルニチンを摂取すると、体に筋肉がつきやすくなるので、見た目にも引き締まったスリムなボディーが手に入れられるのです。

体に筋肉がつくと日々の生命活動に使われる基礎代謝量も高くなるので、ただ生きていて毎日の活動をやっていても、やせやすく太りにくい体質になれます。 オルニチンを摂取すると、ダイエットの効果も高められます。

おすすめは運動を行う際に、同時にオルニチンを摂取する方法です。 プロのアスリートも運動やトレーニングを行う際にはオルニチンを補給して、運動効果を高めることはスポーツ医学からも常識になっているのです。

同じ運動量で効果的に脂肪を燃焼をして筋肉をつけたかったら、オルニチンの補給を考えておきましょう。 サプリメントやスポーツドリンクになってオルニチンは販売されているので、運動をする際には必要な成分といえます。


しじみなどに含まれるオルニチンには、さまざまな健康効果があることが分かりました。食生活でなかなか摂れない方は、毎日手軽に摂れるサプリメントでの摂取をオススメします。価格とオルニチンの品質、含有量などがひと目で分かる比較表はこちらからどうぞ。