オルニチンサプリは、「しじみの品質」と「含有量」で選ぶと効果が倍増!

「オルニチン」は「しじみ」に含まれるアミノ酸の一種です。
成長ホルモンの分泌を促進 する働きがあり、成長ホルモンは筋肉や骨の増強、基礎代謝を上げてくれます。 特に肝臓の働きをサポートするので、「毎日の活力」を支える効果が期待できます。そんなオルニチンを含むサプリメントの上手な選び方を紹介!


オルニチンをかしこく選ぶなら

人気のオルニチンサプリを徹底比較!

比較 協和発酵バイオ やはた 自然食研 ヘルシーワン 永谷園

リメイク オルニチン

しじみの力

しじみ習慣

3-アミノ

オルニチン
金額
500円

1,080円(初回)
3,980円 8,190円 1,890円
オルニチンの品質
健康補助食品GMP認定

黄金しじみ

黄金しじみ

淡水しじみ
オルニチンの含有量(1日あたり)
800mg
しじみ30個分+肝臓エキス300mg分 (非公表)
900mg
100mg
特徴
○:品質がいい
○:値段が安い
○:コスパがいい
○:品質がいい
○:値段が安い
○:品質がいい ○:品質がいい
○:アミノ酸に重点

×:値段が高い
○:クルクミンも配合
×:含有量が少ない
評価
これはイイ!

まあまあ

まあまあ

う~ん・・・

う~ん・・・
公式サイト
スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

価格が安くて、品質もいいものがお買い得!

オルニチンのサプリメントはいろいろ売られていますが、「安いだけの粗悪品」、「品質がよい高価品」を選んでしまっては、続けて飲み続けることはできません。
オルニチンのサプリの選びのポイントは、次の3つ!
  品質がよい
  含有量が多い
  価格が安い
コスパのよくて、お買い得なサプリを上手に選びましょう!


オルニチンサプリの総合評価ランキング!

健康補助食品GMP認定
協和発酵バイオは、世界で始めて醗酵によるアミノ酸の生産に成功した会社です。 厳格に管理された菌を使用した製造工程、健康補助食品GMP認定に基き、各工程は厳格な品質管理が行われているので、もっともよい品質状態でつくられます。

黄金しじみ+肝臓エキス300mg
普通のしじみの2~3倍の栄養素がつまった「黄金しじみ」に加えて、「肝臓エキス」を300mgも追加配合している肝臓対策サプリです。

黄金しじみ
材料にしている黄金しじみは、澄んだ湧き水ときれいな砂地で育った台湾の花蓮が産地で、比較的品質のいい素材です。

お得なオルニチンサプリを選ぶならコレ!

協和発酵バイオ Remake(リメイク)は、オルニチンサプリの中で、業界最安値の500円! これだけで、1日に定められた量を活用することで800mgのオルニチンをきちんと摂取できます。1粒でシジミ300個分で、肝臓をサポートできます。
協和発酵バイオは、発酵技術専門の会社だけあって、品質管理のレベルは格別です。 厳格に管理された菌を使用した製造工程、健康補助食品GMP認定に基き、厳格な品質管理が行われている安心・安全のサプリメントです。

しじみに含まれるオルニチンの効果って?


二日酔いのときはしじみ汁を飲むとよいと聞いたことがあるかもしれませんが、しじみのどの成分が身体に良いのでしょうか?

それはオルチニンです。
オルチニンとはアミノ酸の一つの物質なのですが、生活習慣病に良い影響を及ぼすという事が認められています。

ではオルチニンはどのように私達の体に作用するのでしょうか?
オルチニンは成長ホルモンを増進させてくれます。
それですから、疲れやすい体になっている人はオルチニンによって体内の疲労物質が抜けて疲れにくい体にする事ができますし、基礎代謝がよくなりますので、肌の色がよくなったり、肌のつや、ハリがよくなったりします。

それもこれもオルチニンは肝臓の働きと大きな関係があるのです。
私達の体内の肝臓は毒素を分解する作用があります。
それは体内の疲労物質であったりアルコールであったりします。
もし肝臓の働きが鈍ってきているなら、アルコールをうまく分解できなくなり、酔いやすくなったり、次の日になってもアルコールが抜けにくくなったりします。

しかしオルチニンは肝臓の働きを促進させますから、アルコールも分解する事ができますし、体内の血液の回りもよくなったり、きれいになったりしますので体全体によい影響を及ぼします。

高品質なオルニチンサプリを見分ける方法


オルチニンはアミノ酸の一種で肝臓の働きを活性化させ、疲労回復や二日酔い対策にも使用されます。
しかしオルチニンなら何でも良いというわけではなく、高品質のオルチニンを摂取しなくては、より良い健康増進にはつながりません。
ではどのように高品質なオルチニンを見分ける事ができるでしょうか?

大抵の場合オルチニンのサプリはしじみから作られています。
このように自然のものから作られているオルチニンは私達も安心して摂取する事ができるでしょう。
しかし反対に科学的に作られているオルニチンはいくら含有量が多かったとしても避けるのが賢明です。

またどこのしじみを使用しているかも調べるなら良い品質のオルチニンがどうかを見極める事ができます。

次に製造方法です。高品質なオルチニンの製造方法としてフリーズドライ製法があります。
この方法は真空状態にして、即座に冷却し乾燥する方法ですが、この場合、オルチニンの栄養価が減りにくくなっています。
ですからこの方法を使用してオルチニンを製造をしているかもチェックできるでしょう。

他にはどのような工場で作られているかも考える必要があります。
高品質なオルチニンを製造している工場はGMP認証マークが商品にパッケージされていますので、それを参考にしましょう。


オルニチンが肝臓にいい理由


オルニチンは肝臓機能を保護するということで、様々なサプリメントなどに含まれています。

そもそもオルニチンはアミノ酸の一種ですが、他のアミノ酸と違い、タンパク質の原料にはなりません。そのかわり、私たちの体の中で行われる様々な代謝の重要な物質なのです。

その一つが「オルニチン回路」です。

オルニチン回路は肝臓中に存在して、体で発生した有害なアンモニアを無害な尿素に変換する、言わば解毒工場です。

アンモニアは主に腸の中で腸内細菌によって作られたり、タンパク質を代謝するときに発生するため、悪玉の腸内細菌が増えていたり、タンパク質を摂る量が増加すると体内のアンモニア量が増加してしまいます。

アンモニアが増えると、私たちの体のエネルギーであるATPという物質やグルコースの生成を妨げるため、エネルギーを使う肝臓の機能が徐々に落ちてきてしまいます。

また、アンモニアは細胞を傷つけてしまうので、肝臓を含めて体中の細胞が傷つけられてしまいます。

オルニチンを摂る事によってオルニチン回路が効率的に機能すると、体内で作られるエネルギー量が増えてアンモニアも無毒化されるため、肝臓への負担が軽減されます。

また良くお酒を飲む人はしじみを食べると良い、という話を聞きますが、これはしじみにはオルニチンが豊富に含まれている事からそのように言われています。

お酒に含まれるアルコールも肝臓で無害な水と二酸化炭素に分解されますが、その際にできるのがNADHという物質です。
普段はNADHができてもすぐにNAD+という物質に作りかえられて再利用されるのですが、アルコールが大量に肝臓に運ばれるとNADHを再利用する工程が進まずにNAD+が不足してしまうのです。

しかもNAD+はエネルギー糖を作る工程でも利用される物質であるためにこちらの働きも悪くなるため、お酒を飲んだ後や翌日にだるさや疲労感が残ってしまいます。

しかし、オルニチン回路ではアンモニアの分解時にNADHを使ってNAD+を作り出します。
そのため、オルニチン回路が効率よく働いているとNADHも多く消費されるのでNAD+をアルコールの分解やエネルギーの合成に使うことができるのです。

このように、肝臓は体の中のエネルギーを作ったり毒物を無毒化するなど、重要な機能を持った臓器ですが、その中でオルニチンはアンモニアの解毒を介して様々な肝臓の働きを補助する役割を担っているのです。


普通のアミノ酸と遊離アミノ酸の違い


人間の体の20%はアミノ酸から構成されるたんぱく質でできているため、人間にとってアミノ酸は必要不可欠な成分です。

このたんぱく質を構成しているアミノ酸は大きく分けて必須アミノ酸と非必須アミノ酸と呼ばれるグループに分類されます。
体内での合成が不可能な9種類の必須アミノ酸と、体内での合成が可能な11種類の非必須アミノ酸の圭20種類のアミノ酸がたんぱく質と結合して働いています。
一般的によく知られている普通のアミノ酸が、これら20種類の必須アミノ酸と非必須アミノ酸です。

そして実はこの20種類のアミノ酸の他にも、アミノ酸が存在します。
そのうちの一つが「遊離アミノ酸」と呼ばれるもので、他の20種類のアミノ酸のようにたんぱく質と結合することは無く、単体の状態で体内に存在しています。

この遊離アミノ酸はどういうものかといいますと、名前の通り体内を遊離、循環して私達の体をサポートしてくれています。

代表的な遊離アミノ酸には、シジミエキスとしておなじみのオルニチンがあります。
このオルニチンは、主に肝臓の働きをサポートしており、アルコールを分解したり、アンモニアを尿素に変換するといった働きをしています。